【m.s.t.】エムエスティー(Make the Scenery Tune~景色に音を~)

ピアニスト持山翔子とベーシスト小山尚希とユニット。2011年活動開始。
日常の小さな出来事をテーマにしたオリジナル曲たちは、叙景的かつスリリングな展開で観客の共感を得ている。音楽大学出身の二人によるクラシックをベースにした独自のアレンジで、ジャズスタンダードや映画音楽なども演奏。これまでに”m.s.t.”としてのアルバム『time of doze』『predawn~景色と連なり~』『Pianium』『緑と風』、七人編成の”m.s.t.ArcusOrchestra”(ピアノ、ベース、ドラム、ヴァイオリン、トランペット、トロンボーン&ボーカル、ヴィブラフォン&パーカッション)として『Visionarium』、ボーカルSara Rectorとのコラボレーションアルバム『You Are Loved』を発売し、好評を得る。
国際作曲コンペティション(ISC)2015にて、”Karkinos”(『predawn〜景色と連なり〜』に収録)がファイナリスト選出。『緑と風』がJazz Life DISC GRAND PRIX 2017 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーにてNew Star賞を受賞。スペシャルゲストとして神保彰氏(Drums)やNAOTO氏(Violin)を迎えてのライブも成功させている。
2019年4月、約8年間の活動集大成ベストアルバム『BEST』を Playwright レーベルよりリリース。

9月には、日本ジャズシーンのみならず世界から注目される若手ギタリスト 井上銘 のバンドプロジェクト「STEREO CHAMP」との2マン LIVEや、1979年のデビュー以来フュージョン音楽界の第一線を走り続ける”CASIOPEA 3rd”とのスペシャルLIVEを成功させる。

2019年11月、m.s.t.初となる編成(ピアノトリオ+ギター+パーカッション)で収録した渾身のNewフルアルバム『Days』が全国発売。

持山翔子/Shoko Mochiyama 

(piano, keyboards,compose,arrange)

7月16日生まれ /静岡県磐田市出身/AB型

ヤマハ音楽教室にて、4歳からピアノ、6歳からエレクトーン・作曲を始める。
エレクトーンを通じて出会った映画”サウンドオブミュージック”がきっかけでミュージカルや劇音楽に興味を持つ。
国立音楽大学にて作曲・作曲理論を学びながら専攻外オーケストラに所属、ヴァイオリンを担当。
またフランス音楽研究会(主に近現代フランス音楽について学ぶ会)にも属し、作曲家フォーレ、プーランク、ラヴェル、ドビュッシーなどに影響を受ける。

作編曲家として、これまでに西野カナ”トリセツ”(第57回日本レコード大賞優秀作品賞)の共作を始め、数多くの楽曲制作、アニメやゲーム音楽の制作にも携わっている。
キーボーディストとして ももいろクローバーZ、倉木麻衣、アイドルマスターなど多くのアーティストをサポート。歌心を大事にし、且つ幅広いプレイスタイルで様々なライブやレコーディング・テレビ収録等に参加。

blog:http://ameblo.jp/shoko-mochiyama
twitter:shoko_mochiyama
Instagram:shoko_mochiyama

小山尚希/Naoki Koyama (woodbass,electricbass,compose,arrange)

11月18日生まれ/埼玉県出身/AB型

桐朋学園音楽大学ディプロマコースコントラバス科修了。
二刀流を武器にジャンルを問わず様々なアーティストから評価され、ライブだけでなくドラマ、アニメ、ゲームなどのレコーディングや音楽制作にも関わっている。『m.s.t.』の活動を全面的に支えるバンドマスター。

blog:http://ameblo.jp/bass-koyama-naoki/
twitter:basskoyamanaoki