About

【m.s.t.】(Make the Scenery Tune~景色に音を~)

ピアニスト持山翔子とベーシスト小山尚希とユニット。2011年活動開始。

日常の小さな出来事をテーマにしたオリジナル曲たちは、叙景的かつスリリングな展開で観客の共感を得ている。

音楽大学出身の二人によるクラシックをベースにした独自のアレンジで、ジャズスタンダードや映画音楽なども演奏。

ピアノトリオでのアルバム『time of doze(2011)』『predawn~景色と連なり~(2013)』七人編成の"m.s.t.ArcusOrchestra"(ピアノ、ベース、ドラム、ヴァイオリン、トランペット、トロンボーン&ボーカル、ヴィブラフォン&パーカッション)として『Visionarium(2014)』、ボーカルSara Rectorとのコラボレーションアルバム『You Are Loved(2015)』を発売。

国際作曲コンペティション(ISC)2015にて、"Karkinos"(『predawn~景色と連なり~』に収録)がファイナリスト選出。

2017年、ワーナーミュージックジャパンよりミニアルバム『Pianium』『緑と風』発売。(全国タワーレコード限定)

Jazz Life DISC GRAND PRIX 2017 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーにてNew Star賞を受賞。(『緑と風』)

かわさきジャズ2017メインステージ、ミューザ川崎シンフォニーホール大ホールにて、ピアノトリオ+ストリングスカルテットの編成でプレアクトを務める。

2018年神保彰氏(Drums)やNAOTO氏(Violin)をスペシャルゲストに迎えてのライブをそれぞれ行なう。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018に出演。

2019年4月、約8年間の活動集大成ベストアルバムを Playwright レーベルより配信とLIVE会場限定でリリース。(後に全国タワーレコードにて販売開始)

2019年8月、ベーシスト・プロデューサー亀田誠治氏が実行委員長を務める「第一回 日比谷音楽祭」にインストステージ"HIROBA"に出演。

また、Saxアンサンブルユニットsax tripletsとのコラボレーションLIVEを始め、野呂一生(gt)率いるCASIOPEA 3rd、井上銘(gt)率いるSTEREO CHAMPとのジョイントLIVEも行い、好評を得る。

2019年11月、ピアノトリオにギター、パーカッションを加えた新編成でのNewアルバム"Days"をリリース。

2019年〜m.s.t.シンガーソングライター竹澤汀(ex.Goose house)とのプロジェクト"Cinématographe(シネマトグラフ)"の活動も精力的に行なっている。

info@mst-music.com

Release
2011 miniAL「time of doze」LIVE会場限定

2013 fullAL「Predawn~景色に音を~」(t-toc records)

2014 miniAL「Visionarium」LIVE会場&Online Shop

2015 miniAL「You Are Loved」(Sara Rector × m.s.t. )

2017 miniAL「Pianium」(Warner Music JAPAN) 全国タワーレコード限定

2017 miniAL「緑と風」(Warner Music JAPAN) 全国タワーレコード限定

2019 fullAL「BEST」(Playwright) 全国タワーレコード限定

2019 fullAL「Days」(Playwright)

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る