【m.s.t.】

(Make the Scenery Tune~景色に音を~)

ピアニスト持山翔子とベーシスト小山尚希とユニット。2011年活動開始。

日常の小さな出来事をテーマにしたオリジナル曲たちは、叙景的かつスリリングな展開で観客の共感を得ている。

音楽大学出身の二人によるクラシックをベースにした独自のアレンジで、ジャズスタンダードや映画音楽なども演奏。

ピアノトリオでのアルバム『time of doze(2011)』『predawn~景色と連なり~(2013)』七人編成の"m.s.t.ArcusOrchestra"(ピアノ、ベース、ドラム、ヴァイオリン、トランペット、トロンボーン&ボーカル、ヴィブラフォン&パーカッション)として『Visionarium(2014)』、ボーカルSara Rectorとのコラボレーションアルバム『You Are Loved(2015)』を発売。

国際作曲コンペティション(ISC)2015にて、"Karkinos"(『predawn~景色と連なり~』に収録)がファイナリスト選出。

2017年、ワーナーミュージックジャパンよりミニアルバム『Pianium』『緑と風』発売。(全国タワーレコード限定)

Jazz Life DISC GRAND PRIX 2017 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーにてNew Star賞を受賞。(『緑と風』)

かわさきジャズ2017メインステージ、ミューザ川崎シンフォニーホール大ホールにて、ピアノトリオ+ストリングスカルテットの編成でプレアクトを務める。

2018年神保彰氏(Drums)やNAOTO氏(Violin)をスペシャルゲストに迎えてのライブをそれぞれ行なう。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018に出演。

2019年4月、約8年間の活動集大成ベストアルバムを Playwright レーベルより配信とLIVE会場限定でリリース。(後に全国タワーレコードにて販売開始)

2019年8月、ベーシスト・プロデューサー亀田誠治氏が実行委員長を務める「第一回 日比谷音楽祭」にインストステージ"HIROBA"に出演。

また、Saxアンサンブルユニットsax tripletsとのコラボレーションLIVEを始め、野呂一生(gt)率いるCASIOPEA 3rd、井上銘(gt)率いるSTEREO CHAMPとのジョイントLIVEも行い、好評を得る。

2019年11月、ピアノトリオにギター、パーカッションを加えた新編成でのNewアルバム"Days"をリリース。

2020年12月、m.s.t.のアコースティックスタジオよりDUOを中心としたYouTube生配信「ながらm.s.t.」を開始。

2021年8月〜初となるDUO音源をリリース。

また、2019年からシンガーソングライター竹澤汀(ex.Goose house)とのプロジェクト"Cinématographe(シネマトグラフ)"が本格始動。

映画や物語にインスピレーションを得た楽曲を制作。 聴く人をノスタルジックでリリカルな「ここではないどこか」へと誘う。

2021年には1st digital Singlle「CINEMA」をリリースし、iTunesオルタナティブチャートにて5位を獲得。

info@mst-music.com

Release

2020 EP 「Pianium Studio Ⅰ」(1magine Label) 配信限定

2019 fullAL「Days」(Playwright)

2019 fullAL「BEST 」(Playwright) 全国タワーレコード限定

2017 miniAL「緑と風」(Warner Music JAPAN) 全国タワーレコード限定

2017 miniAL「Pianium」 (Warner Music JAPAN)  全国タワーレコード限定

2015 miniAL「You Are Loved」(Sara Rector × m.s.t. )

2014 miniAL「Visionarium」LIVE会場&Online Shop

2013 fullAL「Predawn~景色に音を~」(t-toc records)


2011 miniAL「time of doze」LIVE会場限定

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る